SINGERミシン修理|rumina3000(ルミナ3000)|スタートボタンを押しても動かない・縫えない

今回のミシン修理は東京都八王子市別所よりご依頼をいただきましたシンガー家庭用コンピューターミシンのrumina3000です。

◎事前にお伺いしている症状は、

  • ミシンを使おうと思ったところスタートボタンを押しても動かない(異音・針の位置がおかしい)
  • 具体的な症状≫ミシンの電源は正常に入り、はずみ車も手前に軽く回ります。ミシンの電源を入れると異音がしてスタートボタンを押しても針が上下せず動きません。

ミシン修理|シンガー ルミナ3000

シンガーミシンの修理|ルミナ3000|動かない、縫えない、警告音、針基線のずれ
SINGER rumina3000 家庭用コンピューターミシン(水平釜)


◎ミシン到着時の画像です。

シンガールミナ3000は年数が経過しているミシンということもありますが、ミシンを使わなかった期間も比較的長い時期があったと思われ、動作に影響のある範囲でのサビの発生がやや気になります。

ミシンのご使用頻度自体は、針板や釜への傷は多いですが、適度と存じます。

しっかりメンテナンス修理させていただきます。

針の位置がずれている

シンガーミシンrumina3000の全体オーバーホールメンテナンス
針板や内釜、モーターカバーなどを外したミシンの分解画像です。

↑ミシン内部の様子です。

布ほこりや糸絡み、サビを取り除き、内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

◎今回「ミシンの電源は入るものの、スタートボタンを押しても動かなかった」原因は、針を横に振るステップモーターとモーターと連動する部品の固着です。主にサビによるもので固着は進んでおりました(;´д`)

ルミナ3000はコンピューター制御のミシンですので、ミシンの電源を入れ針を上位置にすると振り幅や送りの初期セットが行われます。今回は固着していたことにより初期セットの作業が正常に行われなかったことが原因です。

◎その他、針板と釜の傷研磨、自動糸通しの調整(フックの変形と位置のずれ)、糸調子の調整、糸抜けをよくする処理、糸絡みの解消、はずみ車と連動する機械的部分の固着対策などミシン全体のメンテナンス修理作業を行い、現在はスムーズに動作し綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|SINGERミシン(家庭用コンピューターミシン)
  • 機種名(型番)|rumina3000(ルミナ3000)
  • 故障内容|スタートボタンを押してもミシンが動かない(針の位置がおかしい)
  • 修理内容|振り幅を制御するステップモーター&モーターと連動する部品の固着解消、針板と釜の傷研磨、釜留めの調整、ミシン内部の固着解消&対策、糸調子の調整、異音の解消、糸抜けをよくする処理、ミシン全体のメンテナンス

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)