シュプール98スペシャルの修理|JUKI職業用ミシン|押えが上がらなくなった

今回のミシン修理は、神奈川県綾瀬市より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、ジューキ職業用ミシンのSPUR98Special(TL-98SP)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 膝押え上げレバー(ニーリフター)で押えが上がらなくなってしまった(手で押えは上がる)

ミシン修理|シュプール98スペシャル

JUKI職業用ミシン修理|シュプール98スペシャル(SPUR98SPECIAL、TL-98SP)

◎ミシン到着時の画像です。

お仕事で使われているミシンと事前に伺っております。

釜周辺への布ほこりや糸絡みはございますが、丁寧にミシンをご愛用のことと存じます。職業用ミシンとして考えるとコンディションは良好です。

お伺いしている症状以外での不具合としては、布の送り量を大きくするとわかりやすいですが、返し縫いレバーが正常な範囲でスムーズに動作しておりません。

しっかりとメンテナンス修理させていただきます。

ミシン内部の様子|SPUR98Special(TL-98SP)

シュプール98スペシャルの分解オーバーホールメンテナンス修理|JUKIミシン

↑シュプール98スペシャルのミシン内部です。

ミシン内部の布ほこり・糸絡みを取り除き、内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

今回、付属の「膝押え上げレバー」で、押えが上がらなくなってしまった原因は、部品破損によるものです。レバーと連動して押えを上げるための部品が折れてしまっております。(負荷がかかったことが原因です。)

その他、上記した送りの固着解消、針板の凹み矯正、釜の傷研磨、糸調子の調整などを行い、メンテナンス・修理作業を完了した現在は各部スムーズに動作し、綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|JUKIミシン(職業用ミシン)
  • 機種名|SPUR98Special(シュプール98スペシャル)
  • 型番|TL-98SP
  • 故障内容|膝押え上げレバーで押えが上がらなくなってしまった
  • 修理内容|膝押え上げレバーと連動する部品の破損(交換)、糸調子の調整、油切れやグリス劣化による固着の解消、釜の傷研磨、針板の凹み矯正、タイミング調整、ミシン全体のメンテナンス

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870
ミシン修理のことなら何でもご相談下さい

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

小さなミシン修理専門店(トップページ)へ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理の見積り・相談をする