PS-10|EL125シリーズ|縫えなくなった(釜が回らない)|ブラザーミシン修理

今回のミシン修理は、神奈川県藤沢市より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、ブラザーコンパクトミシンのPS-10(ミシンの型番はEL125)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 上糸がミシン内部に絡まってしまい以降は縫えなくなってしまった
  • 動作チェック≫はずみ車が通常よりもかなり重いこと、下糸を拾わず縫えないことを確認しました

ブラザーミシンの修理|EL125

ブラザーミシン修理|PS-10|EL125|縫えない、下糸を拾わない、釜が回らない、釜ずれ
brother PS-10 EL125シリーズ 家庭用電子ミシン(コンパクト、水平釜、自動糸通し)


◎ミシン到着時の画像です。

PS-10は年数が経過していることもあり、全体的な汚れや布ほこりはやや多めですが、サビなどの発生は軽微で、これまで大切に保管しご使用のことと存じます(^-^)

しっかりメンテナンス修理させていただきます。

縫えない|PS-10

ブラザーミシンPS-10の分解オーバーホールメンテナンス|EL125シリーズ
上軸、針棒、クランク、釜などミシンの分解画像です。

糸絡みや布ほこり、動作に影響のあるサビを取り除き、内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

◎今回「上糸が絡んでしまったあと縫えなくなってしまった」原因は、糸絡みにより負荷がかかったことによる釜ずれ(タイミング不良)です。上軸側でずれが生じています。

ただ、ミシンの縫うタイミングはかなりずれていましたので、推測するに今回の糸絡みが生じる前から釜ずれは生じており、糸絡みが発生しやすくなっていたと思います。

タイミングを調整しながら増し締めし、その他の同様に緩んでしまう部分も対策&増し締めします。

◎その他、釜の傷研磨、モーター異音解消、糸抜けをよくする処理、糸調子の調節などを行い、メンテナンスや修理作業を完了した現在はスムーズに動作し綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)