グラフィカ(GRAPHICA)|8000型|液晶が表示されない|JANOMEミシン修理

今回のミシン修理は、神奈川県横浜市より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、ジャノメ刺繍機内蔵型コンピューターミシンのグラフィカ(830型・model8000)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 液晶が表示されない(液晶が暗くて見えない)
  • 自動糸通しが使えない(針穴に糸が通らない)

ミシン修理|神奈川県

JANOME刺繍コンピューターミシン|GRAPHICA|model8000
JANOME GRAPHICA model8000


↑ミシン到着時の画像です。

GRAPHICAは年数が経過しておりますので、ミシン内部の布ほこりや糸絡みは多めではございますが、ミシンの外観は綺麗で日ごろからお手入れしながらお使いになっていると存じます。

しっかりメンテナンス修理させていただきます。

メンテナンス・オーバーホール

グラフィカのオーバーホール・メンテナンス|ジャノメミシン
液晶タッチパネル、針板、内釜、カバー類を外したミシンの分解画像です。

ミシン内部の布ほこり、糸絡みを取り除き、清掃、注油、グリスアップ、調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

自動糸通しが使えないのは、針穴に糸を通すフックが折れ曲がっているためです。部品を交換します。

ミシンの液晶が暗い・見えない

ジャノメミシンの液晶バックライト交換・修理|格安にて承ります。
液晶バックライトを新品に交換しました。

液晶が表示されない症状も、液晶バックライトを交換することにより蘇ります♪(。・ω・)ノ゙

◎その他、針板(傷が多いため交換しました。)、液晶タッチパネルのずれ補正、糸調子の調整、押えセンサーの調整、ステッピングモーターエラーの対策、クラッチ部品の破損(交換)などを行い、メンテナンス・修理作業を完了した現在は不具合も解消し綺麗に縫い上げております。

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|ジャノメミシン(刺繍コンピューターミシン)
  • 機種名|GRAPHICA(グラフィカ)
  • 型番|830型(model8000)
  • 故障内容|液晶が表示されない(暗くて見えない)、自動糸通しが使えない
  • 修理内容|液晶バックライトの新品交換、自動糸通し(部品交換・フックの破損)、ステッピングモーターエラーの対策、液晶タッチパネルのずれ補正、糸調子の調整、針板の傷(交換)、クラッチ(交換)、ミシンの全体メンテナンス

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)