brotherミシン修理|SINCERE-L|ZZ3-B121|下糸がたるんでぐちゃぐちゃになる

今回のミシン修理は、愛知県名古屋市より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、ブラザーコンピューターミシンのシンシア-エル(ZZ3-B121)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 下糸がたるんでぐちゃぐちゃになってしまう(上糸調子のダイヤルを回し調節しても改善しない)

ミシン修理|愛知県

ブラザーミシン修理|ZZ3-B121|SINCERE-L|縫えない、糸調子不良

◎ミシン到着時の画像です。

ブラザーミシンのSINCERE-Lは年数が経過していることもあり、全体的な汚れやサビ、布ほこりなどが、やや多めに生じておりますが、ミシン自体のご使用頻度は少なめという印象を受けます。

しっかりメンテナンス・修理させていただきます。

全体メンテナンス|sincere-L(ZZ3-B121)

SINCERE-Lの分解オーバーホールメンテナンス修理|ブラザーミシン|SINCERE-L

↑針板・内釜・前パネルなどを外した外したSINCERE-L(ZZ3-B121)の分解画像です。

布ほこりや糸絡みを綺麗に取り除き、内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

ミシン内部の様子

SINCERE-Lの故障、不具合|綺麗に縫えない、下糸をすくわない、糸調子が合わない

↑ZZ3-B121ミシン内部の様子です。

◎今回「下糸がたるみぐちゃぐちゃになる(綺麗に縫えない)」原因は、送りのタイミングと釜のタイミングにずれが生じたことです。(釜ずれ)

タイミングを調節しネジの緩み防止対策を行います。

釜ずれが生じた原因は、ミシンに負荷がかかったことによるものです。天秤やクランクに糸絡みがありましたが、直接的な起因はヒューマンエラーを含んだ糸かけや縫い方にあると存じます。修理完了のご報告時は詳しくご説明させていただきます。

ブラザーミシンのボビン|下糸をすくわない、縫えない

◎その他、自動糸通しの調整(針穴に糸が通らない症状)、糸調子の調整、針板や釜の傷研磨などミシン全体のメンテナンスやクリーンアップを行い、作業を完了した現在はスムーズに動作し綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|ブラザーミシン(コンピューターミシン)
  • 機種名|SINCERE-L(シンシア-エル)
  • 型番|ZZ3-B121
  • 故障内容|下糸がたるみぐちゃぐちゃになる(綺麗に縫えない、糸調子不良)
  • 修理内容|送りのタイミングと釜のタイミング調整、針板や釜の傷研磨、糸抜けをよくする処理、糸調子の調整、ミシンの全体メンテナンス

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870
メールの問い合わせはこちら

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)