JUKIミシン修理|Exceed|HZL-F600JP|針が上下出来ない(液晶に砂時計)

今回のミシン修理は、東京都港区より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、JUKIコンピューターミシンのエクシードキルトスペシャル(型番HZL-F600JP)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 針を上下することが出来ない(はずみ車が回らず、スタートボタンを押すと液晶に「砂時計」が出たまま操作が出来ない)

ミシン修理|港区六本木

JUKIミシン修理|EXCEED|キルトスペシャル|HZL-F600JP|ミシンが動かず縫えない

◎ミシン到着時の画像です。

ご使用年数は約5年ほどですが、ミシン自体はほとんど使用になられていないと思います。保管の仕方も正しく綺麗なコンディションのエクシードです。

しっかりメンテナンス・修理させていただきます。

液晶に砂時計|動かない

HZL-F600JPの故障、症状|液晶に砂時計のマーク|動かない、縫えない

↑ミシンの液晶部分です(エラー|砂時計)

ミシン内部の様子

EXCEEDの全体メンテナンス修理|縫えない、下糸を拾わない、動かない

↑エクシードHZL-F600JPミシン内部の様子です。

内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

今回「針が上下出来ず、液晶に砂時計のマークが出たまま、ミシンが動かなくなってしまった」原因は、タイミング不良(釜ずれ)と内釜の問題です。かなり負荷がかかったものと思われます。タイミングを調整し、釜の傷研磨、内釜は傷が深く複数あるため新品へ交換します。

その他には、自動通し不良(針穴へ糸が通らない)が発生しておりました。

◎詳しいミシン修理作業の内容は直接ご依頼者様へ報告しますが、作業を完了した現在はスムーズに動作するようになり、綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|ジューキミシン(JUKI実用型コンピューターミシン)
  • 機種名|EXCEED(エクシードキルトスペシャル)
  • 型番|HZL-F600JP
  • 故障内容|針が上下出来ず動かない(はずみ車が回らず、液晶に砂時計のマークが出る)
  • 修理内容|タイミング調整(釜ずれ修理)、釜の傷研磨、内釜の新品交換、自動糸通しの修理(針穴へ糸が通らない)、糸抜けをよくする処理、ミシンの全体メンテナンス

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870
メールの問い合わせはこちら

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)