ブラザーミシン修理|D-8000|EM9901|上糸がつれて下糸がゆるい

今回のミシン修理は、神奈川県横浜市より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、、brother刺繍コンピューターミシンのD-8000(ミシンの型番はEM9901)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 上糸がつれて下糸がゆるく縫われる
  • 自動糸通しが通らない(糸通し器を使っても針穴に糸が通らない)

ミシン修理|D-8000

brotherミシン修理|D-8000・EM9901|糸調子不良、自動糸通しが使えない
brother D-8000 EM9901


◎ミシン到着時の画像です。

D-8000(EM9901)は年数が経過しておりますので、保管時の擦れや汚れ、布ほこりなどはございますが、サビの発生は軽微で、比較的良好なコンディションと存じます。

しっかりメンテナンス・修理をさせていただきます。

全体メンテナンス|D-8000(EM9901)

EM9901・D-8000)分解オーバーホールメンテナンス修理|brotherミシン
液晶タッチパネル、針板・内釜などを外したミシンの分解画像です。

布ほこりや糸絡みを取り除き内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

糸調子の不具合

上糸がつる、下糸が緩い、異音、糸が通らない
D-8000|EM9901ミシン内部の様子です。

↑ミシン内部の様子です。

今回の「上糸がつり下糸がゆるくなってしまう」原因は、釜の傷や布ほこりなども多少は影響しておりますが、直接的には上糸を送る自動糸調子ローラーの固着と布の厚さを完治するセンサーのエラーです。

自動糸通しに関してはフックの変形と高さ位置のずれによるものです。

◎詳しい作業内容は直接ご依頼者様へ報告しますが、修理を完了した現在は不具合も解消しスムーズに動作しております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|ブラザーミシン(刺繍コンピューターミシン)
  • 機種名|D-8000
  • 型番|EM9901
  • 故障内容|上糸がつる、下糸が緩い、自動糸通しが使えない
  • 修理内容|糸調子関連の修理&調整、釜の傷研磨、テンションバネの交換、糸抜けをよくする処理、ミシン全体のメンテナンス

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)