ブラザーミシン修理|CPS72|シャリオⅡ|糸が絡まりストップすることがある

今回のミシン修理は、神奈川県相模原市南区より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、brotherコンピューターミシンのChariotⅡ(CPS72シリーズ)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 糸が絡まりミシンが停止することがある(糸を取り除いてゆっくりスタートすると動くが高速で縫うことに不安がある)

ミシン修理|CPS72

brotherミシン修理|CPS72|シャリオⅡ|コンピューターミシン修理

◎ミシン到着時の画像です。

ChariotⅡ(CPS72)を購入してから10年ほど経過すると事前にお伺いしております。

ご使用頻度は年に数日、レッスンバッグを作ったり、裾上げするご用途です。

初期動作チェックでは、実際に縫ってみると「カタカタ」と異音がし、ご依頼者様が仰る通り、スピードを上げ縫うことに不安があると存じます。

しっかりメンテナンス・修理させていただきます。

全体メンテナンス|シャリオ2(ChariotⅡ)

CPS72の分解オーバーホールメンテナンス修理|ブラザーコンピューターミシン修理

↑針板・内釜・前パネルなどを外したシャリオⅡ(CPS72シリーズ)の分解画像です。

糸絡み、布ほこりなどを取り除き、内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

ミシン内部の様子

CPS72シャリオⅡの故障や不具合|縫えない、糸が絡む、異音

↑ミシン内部の様子です。

◎今回「糸絡みが発生しミシンが停止するなど正常に縫えなくなってしまった」原因は、針板・釜の傷、糸道への糸絡みです。が、なぜ不具合が生じてしまったかの原因に関してはボビンにあります。

傷は研磨しタイミングを調整します。

◎その他、針抱きの調整、モーター位置調整、糸調子のバランス調整などを行い、作業を完了した現在はスムーズに動作するようになり綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|ブラザーミシン(コンピューターミシン)
  • 機種名|シャリオⅡ(ChariotⅡ)
  • 型番|CPS72シリーズ
  • 故障内容|糸が絡まりストップすることがある(正常に縫えない)
  • 修理内容|糸絡みの解消、針板&釜の傷研磨、糸調子の調整、モーター調整、ミシンの全体メンテナンス
  • 同型番(CPS72)の製品名|アデッソ2フェリエ2シリーズ
  • 参考|

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870
メールの問い合わせはこちら

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)