ジャノメミシン修理|JP-500|糸調子が合わない

今回のミシン修理は、神奈川県より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、JANOMEコンピューターミシンのJP-500です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 糸調子が合わない
  • キシキシという感じの動作音がするようになり気になる

ミシン修理|神奈川県

JANOMEミシン修理|JP-500|糸調子が合わない

◎ミシン到着時の画像です。

ご購入後7年ほど使用のミシンですが、ご依頼者様自身でのお手入れや保管場所も、ほこり対策などをされておりますので、綺麗なコンディションを保っております。

しっかりメンテナンス・修理させていただきます。

全体メンテナンス|JP-500

JP-500の分解オーバーホールメンテナンス修理|JANOMEミシン

↑底面・前パネル・針板などを外したJP-500の分解画像です。

これまでのご使用による、ほこり詰まり・糸絡みなどは適度にございますが、ミシン内部のコンディションも良好です。

内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

ミシン内部の様子

AT-3800の故障や不具合|異音がする、糸調子が悪い、釜の傷、糸がひっかかる

↑ミシン内部の様子です。

◎糸調子が合わず綺麗に縫えなくなってしまった原因は「針板の傷・糸取りバネへの糸絡み&ほこり・糸調子皿の開閉不良・上下の糸調子不良」です。

傷は丁寧に研磨し・各部調整を行い、現在は綺麗な糸調子で縫い上げております。

◎「キシキシ」という異音は油切れ・グリス劣化によるものです。
音の表現として他には「キーコキーコ」「ヒューヒュー」というような感じの音がJP-500ではよく起こります。

適切に注油・グリスアップを行い異音も解消しました。

◎詳しい修理作業の内容は直接ご依頼者様へ報告しますが、作業を完了した現在はスムーズに動作するようになり、綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|ジャノメミシン(コンピューターミシン)
  • 機種名|JP-500
  • 型番|ジャノメ843型
  • 故障内容|糸調子が合わない、キシキシという感じの動作音がするようになり気になる(異音)
  • 修理内容|針板の傷研磨、糸取りバネへの糸絡み解消、糸調子皿の開閉不良、糸調子の調整、ミシンの油切れ解消、グリスアップ、異音解消、全体メンテナンス
  • 同型番(JP-500)の製品名|
  • JP-500でよくある症状|縫えない、糸が絡む、返し縫いしない、通電しない(電源が入らない)、布を送らない

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870
メールの問い合わせはこちら

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)