brotherミシン修理|SAMANSA|ZZ3-B896|縫い目が揃わない・下糸が巻けない

今回のミシン修理は、広島県呉市より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、ブラザー刺繍コンピューターミシンのサマンサ(ZZ3-B896)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 縫い目がうまく揃わない(糸調子不良)
  • 下糸が巻けない(ボビンをセットしなければ軸は回転するが、ボビンをセットすると回転せず下糸が巻けない)
  • 内釜へボビンの糸を入れる時にひっかかる
  • 上糸を一番最初にかける「糸案内」の部品がない

ミシン修理|呉市

ブラザーミシン修理|SAMANSA|ZZ3-B896|糸調子不良(縫い目不良)

◎ミシン到着時の画像です。

年数が経過しておりますので、ミシン全体の汚れやサビはございますが、ミシンのご使用頻度は少なめか、定期的にメンテナンスをしていると存じます。

しっかりメンテナンス・修理させていただきます。

全体メンテナンス|サマンサ

サマンサの分解オーバーホールメンテナンス修理|ZZ3-B896|ブラザーミシン

↑針板・内釜・前パネルなどを外したZZ3-B896の分解画像です。

内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施し、動きを
スムーズにします。

ミシン内部の様子

ZZ3-B896の故障、不具合|下糸が巻けない、綺麗に縫えない|目飛び

↑ZZ3-B896のミシン内部です。

下糸が巻けないのは、下糸を巻く軸が曲がっていることと、固定するネジが緩んでいるためです。推測するとネジが緩んだあとに軸を左右へ移動する際に負荷がかかったと思われます。

縫い目が揃わない(糸調子不良)と下糸がひっかかるのは同じことが起因しており、原因は、下糸調子が強過ぎるためです。ZZ3-B896は自動糸調子の不具合で上糸調子が強くなることがありますが、今回のケースは異常がないため、糸調子の調整不良が原因です。

欠品している糸案内は、下糸巻きの高さ調整を行ったあと、取り付けます。

その他、針板や釜の傷、内部の糸絡みや金属酸化による糸抜け不良などがありましたが、ミシン修理作業を完了した現在はスムーズに動作し綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|ブラザーミシン(刺繍コンピューターミシン)
  • 機種名|サマンサ(SAMANSA)
  • 型番|ZZ3-B896
  • 故障内容|下糸が巻けない(軸が動かない)、縫い目が揃わない(糸調子不良)、部品の欠品
  • 修理内容|下糸巻き調整&修理、糸調子の調整、針板・釜の傷研磨、ミシン全体メンテナンス

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870
メールの問い合わせはこちら

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)