ブラザーミシン修理|ZZ3-B896|SAMANSA|糸調子不良(カチカチと音がする)

今回のミシン修理は、広島県呉市より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、brother刺繍コンピューターミシンのサマンサ(ZZ3-B896)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 下糸を綺麗に巻けない(ボビンに糸が巻けない)
  • 縫っていると天秤の上の方でカチカチ音がする
  • 自動糸切りで糸が切れない

ミシン修理|広島県呉市

ブラザーミシン修理|ZZ3-B896|SAMANSA|糸が切れる、縫えない、糸調子不良

◎ミシン到着時の画像です。

年数が経過しておりますので、ミシン内部の汚れや布ほこり、糸絡みはございますが、ミシンの外観は手入れしてお使いのことと存じます。

しっかりメンテナンス修理させていただきます。

全体メンテナンス|SAMANSA

ZZ3-B896の分解オーバーホールメンテナンス修理|ブラザーミシン修理

↑針板・内釜・前パネルなどを外したZZ3-B896の分解画像です。

糸絡みや布ほこり、動作に影響のあるサビを取り除き、内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施し動きをスムーズにしていきます。

ミシン内部の様子

SAMANSAの故障、不具合|糸が攣れる、糸が切れる、布が引っ張られる

↑サマンサのミシン内部です。

下糸が綺麗に巻けないのは、下糸を巻く時、一番最初に糸をかける糸案内部分の変形です。部品が下へ曲がっているため、糸を順番通りにかけることが出来ません。強度の高い部品のため、ミシンを倒したなど、衝撃が加わったものと存じます。

「カチカチ音や糸が切れない」原因は、上糸調子不良です。

上糸調子のギアがガッチガチに固着し、上糸を送っておりませんw(*゚o゚*)w

分解しスムーズに動作するようにメンテナンスを行います。

その他、下糸調子不良(糸調子が強い)、針板や釜の傷、内部の糸絡みや金属酸化による糸抜け不良などありましたが、ミシン修理作業を完了した現在は綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|ブラザーミシン(刺繍コンピューターミシン)
  • 機種名|サマンサ(SAMANSA)
  • 型番|ZZ3-B896
  • 故障内容|下糸を綺麗に巻けない(ボビンに糸が巻けない)、縫っていると天秤の上の方でカチカチ音がする、自動糸切りで糸が切れない
  • 修理内容|糸案内部分の変形の矯正、糸調子のギアの固着解消、糸調子の調整、全体メンテナンス

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)