TL-Y10SP|JUKIミシン修理|返し縫いレバーがガタガタして針目が大きくならない

今回のミシン修理は、東京都町田市より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、JUKI職業用ミシンのTL-Y10SP(ユザワヤさん限定モデルのシュプールシリーズ)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 返し縫いのレバーがガタガタして針目が大きくならなくなった
  • 具体的な症状≫返し縫いレバーが縫っている最中に動くこと以外に、はずみ車を手で回すとかなり重く抵抗感があることが特徴です

ミシン修理|東京都町田市

ジューキミシン修理|TL-Y10SP|縫い目が細かい、返し縫いレバーがガタガタ動く
JUKI TL-Y10SP 直線縫い専用の家庭用ポータブル職業用ミシン


◎ミシン到着時の画像です。

2016年にユザワヤさんで購入されたミシンであることを事前に伺っております。

ミシンのご使用頻度は比較的多いと思われますが、こまめに清掃などは行われているのではと推測します。(底カバーのツメ折れなどから)

しっかりとメンテナンス修理させていただきます。

返し縫いレバーが動く、針目が細かい

JUKI TL-Y10SPの分解オーバーホールメンテナンス修理
釜や下軸、送り歯や自動糸切りの部品、上軸、天秤やクランクなどミシン内部の様子です。

ミシン内部の布ほこりや糸絡み、動作に影響のあるサビを取り除き、内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

今回「返し縫いレバーがガタガタと動く、針目が大きくならない」原因は、送りの固着によるものです。

が、固着がかなり頑固なことと、固着したままミシンを使い続けてしまった可能性が高いと思われます。

送り歯の高さや動く範囲にずれが生じております

時間をかけ丁寧に固着を解消し送りの調整を行います。

◎その他、針板や釜の傷研磨、糸調子の調整、タイミング調整などミシン全体のメンテナンス修理を行い作業を完了した現在は各部スムーズに動作し綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|JUKIミシン(職業用ミシン)
  • 機種名/型番|TL-Y10SP(ユザワヤ限定モデルのシュプールシリーズ)
  • 故障内容|返し縫いレバーがガタガタ動いてしまう、針目が大きくならない
  • 修理内容|送りの固着解消、送りの調整、針板や釜の傷研磨、糸調子の調整、ミシン全体のメンテナンス
  • JUKI TL-Y10SP|その他のミシン修理実績はこちら!|異音や縫い目不良

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

小さなミシン修理専門店(トップページ)へ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理の見積り・相談をする