TL-30DXB|SPUR30deluxe|JUKI職業用ミシンの修理|針が動かず縫うことが出来ない

今回のミシン修理は、埼玉県所沢市より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、JUKI職業用ミシンのシュプール30デラックス(文化学園モデルのミシン)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • ミシンは通電し下糸巻きは出来るが針が動かず縫うことが出来ない
  • ミシンが動いていた時に気なったこととしては5cmごとに糸調子が悪くなり裏で糸が絡まっていることがある

ミシン修理|埼玉県所沢市

ジューキ職業用ミシン修理|シュプール30デラックスBUNKA|動かない、縫えない、糸が絡まる
JUKI SPUR BUNKA TL-30DXB 直線縫い専用の家庭用ポータブル職業用ミシンです。(サブテンション、家庭用針を使うタイプ、自動糸切り)


◎ミシン到着時の画像です。

TL-30DXBの使用年数5年未満ということを考えると、ミシンのご使用頻度は比較的多いと推測します。

しっかりとメンテナンス修理させていただきます。

針が動かない|縫えない

TL30DXBの全体オーバーホールメンテナンス修理|ジューキミシン(職業用)
下糸巻き装置や切り替えセンサー、糸調子器、釜や送り歯、上下の軸などミシン内部の様子です。

布ほこりや糸絡み、動作に影響のあるサビを取り除き、内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

ミシンは通電し下糸は巻けるが針が動かず縫えなくなってしまった」原因は、縫い機能と下糸を巻く機能を切り替えるセンサーの故障です。部品を交換しセンサーの位置を調整します。

糸調子」不良に関しては、サビや糸絡み、内部に詰まった布ほこりなども起因はしておりますが、直接的には、針板が負荷により凹んでしまっていることと深い傷が入っていることです。

凹みを矯正し傷を研磨、その他、糸抜けをよくする処理などを行います。

◎詳しい作業内容は直接ご依頼者様へ報告しますが、ミシン全体のメンテナンスや修理作業を完了した現在は各部スムーズに動作し綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|JUKIミシン(直線縫い専用のプロ用・職業用ミシン)
  • 機種名・型番|SPUR30DXB(TL-30DXB)
  • 故障内容|ミシンの電源は入り下糸は巻けるが針が動かない(縫えない)、縫っていると糸絡みが生じる(糸調子不良)
  • 修理内容|センサー部品の交換&調整、針板や釜の傷研磨(凹み矯正)、タイミング調整、釜と針の位置調整、糸抜けをよくする処理、ミシン全体のメンテナンス

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)