スーパーセシオ|ジャノメミシン修理|布を送らず縫えない(送り歯)

今回のミシン修理は、東京都大田区より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、ジャノメ刺繍機内蔵型コンピューターミシンのスーパーセシオ(model850)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 布をセットしスタートボタンを押しミシンを動かすと布を送らず縫えない

東京都大田区より

ジャノメミシン修理|スーパーセシオ|ジャノメ850型|布を送らず縫えない
JANOME superSECIO model850


◎ミシン到着時の画像です。

スーパーセシオは年数が経過しているため、全体的な汚れやサビはやや多めなミシンですが、これまでのご使用頻度は適度と思われます。

しっかりメンテナンス修理させていただきます。

ミシン内部の様子

スーパーセシオ|オーバーホール・メンテナンス|ジャノメミシン修理
釜の傷を研磨し糸調子を整えます。

↑スーパーセシオミシン内部の様子です。

糸絡みや布ほこりを取り除き内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

◎今回「布を送らなくなってしまった」原因は、送り歯と連動している機械的な固着と送り歯を上下させるドロップフィードの切り替え部分がグリスの固着とサビにより正常に動作していなかったことです。

固着を解消すべく時間をかけ丁寧にメンテナンスを行います。

その他、上下の糸調子不良の改善(上糸が強い)、針を上下するボタンや返し縫いボタンの反応不良の改善、サビや金属酸化による糸抜け不良を解消していきます。

◎詳しい作業内容は直接ご依頼者様へ報告しますが、作業を完了した現在はスムーズに布を送り綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870
メールの問い合わせはこちら

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)