MERRITT ELECTRON6000|シンガーミシン修理|糸が切れたり絡まる(正常に縫えない)

今回のミシン修理は、山形県山形市より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、シンガー電子ミシンのELECTRON6000(ミシンの型番はSRE-6000)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 上糸が切れたり下糸がボビン付近に絡まったりする
  • ミシン全体のメンテナンスを希望

ミシン修理|山形県山形市

シンガーミシン修理|ELECTRON6000(SRE-6000)|糸が絡まる、糸が切れる、縫えない
SINGER MERRITT ELECTRON6000 家庭用の電子ミシン(半回転垂直釜、送り調節、無段階スピード調節)


◎ミシン到着時の画像です。

ELECTRON6000は年数が経過しているミシンですので、全体的な汚れや、ミシン内部のサビやほこりの発生はございますが、全体的なコンディションは比較的良好と存じます。

これまで大切にミシンを保管しご愛用のことと存じます。

しっかりメンテナンス修理させていただきます。

糸が切れる|ELECTRON6000

ELECTRON6000の全体オーバーホールメンテナンス修理|シンガーミシン
上軸、針板や中釜、下糸巻き装置、釜、下軸やモーターなどミシン内部の様子です。

布ほこりや糸絡み、動作に影響のあるサビを取り除き、清掃・注油・グリスアップ・調整などミシン全体のメンテナンスを実施します。

◎今回「糸切れや糸絡み」が生じ正常に縫えなくなってしまった直接的な原因は、針板や釜の傷(特に中釜の深い傷)と、サビや金属酸化による糸抜け不良によるものです。

傷は丁寧に研磨し、糸抜けをよくする処理を行います。

◎詳しい作業内容は直接ご依頼者様へ報告しますが、作業を完了した現在はスムーズに動作し綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|シンガーミシン(電子ミシン)
  • 機種名|ELECTRON6000(MERRITTシリーズ)
  • 型番|SRE-6000
  • 故障内容|糸が切れたり釜で絡まったりする(正常に縫えない)
  • 修理内容|針板や釜の傷研磨、金属酸化やサビによる糸抜け不良の解消、糸調子の調整、ミシン全体のメンテナンス
  • シンガーミシンELECTRON6000|その他の修理実績はこちら!|糸調子不良

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)