ジャノメミシン修理|SECIO EX-Ⅲ|電源が入らない、液晶画面がつかない

今回のミシン修理は、愛知県岩倉市より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、JANOME刺繍コンピューターミシンのSecioEX9000(ジャノメ832型)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • ミシンの電源が入らなくなった(照明ランプも点灯せず、スタートボタンを押しても動かない)
  • ミシンの液晶画面が表示されない
  • はずみ車が重い

ミシン修理|愛知県岩倉市

ジャノメミシンの修理|セシオEX-3|ミシンの電源が入らない、はずみ車が重い
JANOME SECIO EX-Ⅲ 刺繍機内蔵型のコンピューターミシン(水平釜)


◎ミシン到着時の画像です。

セシオシリーズは年数が経過しておりますので、全体的な汚れや布ほこり、サビはございますが、これまで大切に保管、ご使用のことと存じます。

今回ミシンを拝見して気になったこととしては、動作に影響があることではないですが、側面カバー(モーター側)のところに工具で無理にこじ開けようとした傷が多数あるのと、取付けネジの位置が違っていることです。

しっかりメンテナンス修理させていただきます。

ヒューズ切れ/電源が入らない

SECIO EX-Ⅲの全体メンテナンス|ジャノメミシン
針板や内釜、モーターカバーなどを外したミシン内部の様子です。

糸絡みや布ほこり、動作に影響のあるサビを解消し、内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

◎今回「ミシンの電源が入らなくなった、液晶画面がつかなくなった」原因は、ミシンに負荷がかかったことによるヒューズ切れです。

負荷がかかった理由は「はずみ車が重い」ことが原因です。

上軸の焼き付きが生じております。一度分解し焼き付きの解消・焼き付きを防止する対策を行います。

◎その他、針板、釜の傷研磨、糸調子の調整、送りの固着解消などを行い、メンテナンス修理作業を完了した現在はミシンの電源も正常に入り各部スムーズに動作し綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|ジャノメミシン(刺繍機内蔵型の家庭用コンピューターミシン)
  • 機種名|SECIO EX-Ⅲ(セシオEX-3)
  • 型番|ジャノメ832型
  • 故障内容|ミシンの電源が入らない、液晶画面がつかない、はずみ車が重い
  • 修理内容|焼き付きの解消、ヒューズの交換、針板・釜の傷研磨、糸調子の調整、固着の解消、ミシン全体のメンテナンス

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)