RCM1230|ベルニナミシン修理|布が後ろ向きに送られる(返し縫いになる)

今回のミシン修理は、東京都台東区より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、ベルニナコンピューターミシンのRCM1230(スイスのベルニナが作り、日本国内ではリッカーが販売したミシン)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • リバースボタンを押してから布が後ろ向きに送られるようになってしまった
  • その他、初期セット時の気になる異音、ジグザグ縫い時に直線縫いになることがある、動かないことがある

ミシン修理|東京都台東区

ベルニナミシン修理|RCM1230|布を正常に送らない、返し縫いしない、動かない
BERNINA RCM1230 家庭用コンピューターミシン(半回転垂直釜、専用のボビンケースを使用します。)


◎ミシン到着時の画像です。

お母様が使用していたRCM1230を譲り受けたことを事前に伺っております。

年数が経過しているミシンですので、ややサビが多いですが、酷使されたミシンではございません。

これまで大切に保管、ご使用になってきたことと存じます。

しっかりとメンテナンス修理させていただきます。

分解メンテナンス修理|RCM1230

BERNINA RCM1230の分解オーバーホールメンテナンス修理
モーター、背面カバー、電源基板、針板や中釜などを外したRCM1230の分解画像です。

糸絡みや布ほこり、動作に影響のあるサビを取り除きながら、内部清掃・注油・グリスアップ・調整などミシン全体のメンテナンスを実施します。

布を送らない|固着

RCM1230の故障や不具合|布を送らない、異音、固着、動作不良
針棒やクランク、モーター、振り幅側のステップモーター、釜や送り歯などミシン内部の様子です。

◎今回「布が正常に送られなくなってしまった」原因は、送りステップモーターと自体の固着とモーターと連動する機械的な部品の固着によるものです。

全体的に固着傾向にあるミシンで、異音や縫い動作異常などに関しても「固着」が直接的な原因となります。

◎詳しい修理作業の内容は直接ご依頼者様へ報告しますが、その他、針板や釜の傷研磨、糸調子の調整、プーリーカバーの交換、糸抜けをよくする処理などを行い、メンテナンスや修理作業を完了した現在はスムーズに動作し綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|BERNINAミシン
  • 機種名/型番|RCM1230
  • 故障内容|布が後ろ向きに送られる
  • 修理内容|各ステップモーター、モーターと連動する部品の固着解消、糸調子の調整、針板や釜の傷研磨、動作に影響のあるサビの解消、部品の交換、ミシン全体のメンテナンス
  • RICCAR RCM1230|その他の修理実績|返し縫いしない

ミシン修理完了です。

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)