ベルニナミシン修理|RCM1230(RICCAR)|布が後ろに進む

今回のミシン修理は、茨城県石岡市より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、RICCARコンピューターミシンのRCM1230(BERNINA製造のミシン)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 針が前に進まず後ろに進む
  • 送りダイヤルが制御不能
  • 針位置が基準位置に移動しない
  • 返し縫いすると縫い目が大きくなる
  • ランプが点灯しない
  • 糸調子がうまくいかない時がある

茨城県石岡市より

ベルニナミシン修理|RCM1230(リッカーミシン)|布を送らない

◎ミシン到着時の画像です。

年数が経過しているミシンということもありますが、全体的な汚れと、機械的にサビがやや発生しているRCM1230です。

しっかりメンテナンス修理させていただきます。

全体メンテナンス|RCM1230

RCM1230の分解オーバーホールメンテナンス修理|ベルニナミシン修理

↑メインコンピューター基板、ミシンを覆うカバーなどを外したRCM1230の分解画像です。

布ほこり・糸絡みを解消し、内部清掃・注油・グリスアップ・調整を行いながら、時間をかけステップモーター、連動して動く駆動部を滑らかにする作業を実施します。

ミシン内部の様子

RCM1230の故障、不具合|布を送らない、動かない、針位置がおかしい

↑ミシン内部の様子です。

今回の「正常に布を送らない、送りダイヤルの不具合、返し縫いすると縫い目が大きくなってしまう」原因は、送りステップモーター自体の固着とモーターと連動する機械的な部分の固着です。

同様に「針が基準値に移動しない=針基線のずれ」原因も、振り幅側のステップモーター関連の固着です。

ランプが点灯しなくなった件は、電球切れではなく、スイッチの不良です。スイッチを改良し、ミシンの電源をONにするとランプが点灯するようにしました。

その他には、金属酸化などによる糸抜け不良(糸調子)の改善、釜や針板の傷研磨、ロングステッチの固着解消など適切にメンテナンスを行います。

◎詳しい修理作業の内容は直接ご依頼者様へ報告しますが、作業を完了した現在は不具合も解消し、スムーズに綺麗に縫い上げております。

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|RICCARミシン・ベルニナミシン
  • 機種名(型番)|RCM1230
  • 故障内容|送りステップモーターや振り幅ステップモーターの固着、ランプの点灯不良、糸調子不良
  • 修理内容|送りステップモーターや振り幅ステップモーターの固着解消、ランプスイッチの改良、金属酸化などによる糸抜け不良(糸調子)の改善、しつけ縫い(ロングステッチ)の固着解消、針板や釜傷の研磨、全体メンテナンス

ミシン修理完了です。

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870
メールの問い合わせはこちら

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)