シンガーミシン修理|monamiLune1850|下糸を巻く時の音がうるさい

今回のミシン修理は、千葉県習志野市より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、シンガー電動ミシンのモナミLUNE1850(model1850)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • ボビンに糸を巻く時や縫っている時の音がとてもうるさくなった(ドドドっという感じ)
  • 糸調子を調節しても縫い目が綺麗にならなくなった

ミシン修理|千葉県習志野市

シンガーミシン修理|monamiLUNE1850|異音、綺麗に縫えない

◎ミシン到着時の画像です。

ご依頼者様がお母様に買ってもらった大切なミシンと事前に伺っております。

monamiLUNE1850は年数も経過しておりますので、全体的な汚れや布ほこり、劣化は生じておりますが、これまで大切に保管・ご使用のことと存じます。

しっかりメンテナンス修理させていただきます。

ミシン内部の様子|シンガー1850型

monamiLUNE1850の故障、不具合|糸調子不良、音がうるさい、綺麗に縫えない

↑シンガー電動ミシンmonamiLUNE1850ミシン内部の様子です。

◎ミシンが動作する時の振動や異音に関しては、内部の固着(主に油切れとグリスの劣化)や釜のサビ、釜の傷など多岐に渡っておりますが、ボビンを巻く時の異音は「ゴム輪」の偏摩耗によるものと軸の固着です。ゴム輪は新品に交換、軸を一度分解し固着を解消します。

糸調子不良に関しては、上記した釜の傷やサビの他に、上下の糸調子のバランスです。適切に糸調子を調節します。

◎ミシン全体のメンテナンス修理を行い作業を完了した現在は正常に動作しスムーズに縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|シンガーミシン(シンガーフットコントローラー式の電動ミシン)
  • 機種名|monamiLUNE1850
  • 型番|model1850型
  • 故障内容|ガタガタ異音がする、ミシンの動作音が大きい、糸調子が合わない
  • 修理内容|ミシンの固着解消、サビ&劣化したグリスの除去、釜の傷研磨、下糸巻き軸分解整備、ゴム輪の交換、足ゴムの追加、糸調子の調節、ミシンの全体メンテナス

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)