ジャノメミシン修理|メモリークラフト5100|縫い目が細かく生地を送らない|長野県より

布送り不良・布を送らない

JANOMEミシン修理|MemoryCraft5100|布を正常に送らない不具合・ミシンの固着
JANOME 実用型コンピューターミシン MemoryCraft5100・841型

今回、事前にお伺いしている不具合の症状は、

  • ミシンは動作するが縫い目が細かく生地を送らない
  • 縫い目の巾を最大にしても1mmほどで布を送る

ミシンのメンテナンス

JANOMEメモリークラフト5100の全体オーバーホールメンテナンス
釜、釜下、送りステップモーター、上軸など、ミシン内部の様子です。

平成12年に購入されたミシンで思い入れもある大切なミシンと事前に伺っております。

◎ミシンの購入から年数が経過しておりますので全体的な汚れなどはございますが、ご使用頻度は少ないと思われるのと、保管もよくサビの発生は軽微です。

初期動作チェックでは、

  • 送りステップモーターの位置を変えると、電源を入れた初期セットで液晶に「エラー」が出ること
  • 針板や釜の傷
  • 返し縫いボタンを押しても返し縫いせず同じところを縫い続ける
  • 異音です。

糸絡みや布ほこり、動作に影響のあるサビの解消などを含め、清掃、注油、グリスアップ、調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

今回、縫い目が細かく生地を送らなかったり、返し縫いボタンを押しても返し縫いしなかった原因は、布を送るステップモーター自体の固着と機械的な送り部品の固着です。

特に送りの部品は頑固に固着しており、部品が変形してるところもありました。

◎詳しい修理作業の内容は直接ご依頼者様へ報告しますが、作業を完了した現在は、スムーズに布を送るようになり、綺麗に縫い上げております。

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|ジャノメミシン(実用型コンピューターミシン)
  • 機種名(型番)|メモリークラフト5100(841型)
  • 故障内容|縫い目が細かく生地を送らない
  • 修理内容|ステッピングモーター&送りの「固着」解消、針板・釜の傷研磨、異音の解消、糸抜けをよくする処理、サビの除去、糸調子の調整、ミシン全体のメンテナンス

ミシン修理完了です。

・ミシンの調子が悪い!?と感じたらまずはお気軽に相談下さい。電話番号は042-673-3870です。

ミシン修理のことならお任せ下さい!(小さなミシン修理専門店TOPページへ)

ご相談・見積りはこちらをクリック!