ブラザーミシン修理|M727・NouvelleCouture|足踏みペダルを踏んでもミシンが動かなくなった|職業用ミシン

今回のミシン修理は、神奈川県横浜市泉区より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、brother職業用ミシンのNouvelleCoutureSPECIAL BUNKA(ミシンの型番:M727)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 昨日までは作動していたがミシンの電源を入れてペダルを操作しても動かなくなった
  • 具体的な症状≫ミシンの電源は入り電球も点くがフットコントローラーを踏み込んでも針が上下せずミシンが動かない

ミシン修理|横浜市泉区

brother職業用ミシンの修理|M727|ヌーベルクチュールスペシャルBUNKA
brother NouvelleCoutureSPECIAL BUNKA 直線縫い専用の職業用ミシン


◎ミシン到着時の画像です。

ご依頼者様の母が使用しているミシンと事前に伺っております。

使い込まれ酷使された職業用ミシンではなく、これまで大切に保管、ご使用のことと存じます。

但し、年数が経過しているミシンですので、動作に影響のある範囲でのサビや、全体的な汚れ、油切れ、糸絡み、針折れなどが生じております。

しっかりメンテナンス・修理させていただきます。

職業用ミシンの分解メンテナンス

M727の分解オーバーホールメンテナンス|ブラザー職業用ミシン
針板、モーターカバー、はずみ車、上糸調子などを外したミシンの分解画像です。

糸絡みや布ほこりを取り除き、内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

今回の症状はフットコントローラー起因の可能性も高く、想定しておりましたが、実際にミシンを拝見すると「はずみ車が重い」です。モーターの力ではミシンが動かないor動きにくくなっております。

◎「フットコントローラーを踏み込んでもミシンが動かなくなってしまった」原因は、油切れのままミシンを動かしたことにより部品が焼き付き、モーターの安全装置が作動したためです。

時間をかけ丁寧に焼き付きを解消し、固着対策を含めメンテナンスを行います。

◎その他、針板や釜の傷を研磨、針と釜の縫うタイミングの調整、クラッチの分解清掃、糸調子の調整などを行い、メンテナンス・修理作業を完了した現在はスムーズに動作し綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|ブラザーミシン(brother職業用ミシン)
  • 機種名|NouvelleCoutureSPECIAL BUNKA
  • 型番|M727
  • 故障内容|ペダルを踏んでもミシンが動かない
  • 修理内容|ミシンの機械的固着の解消(焼き付き)、タイミング調整、糸調子の調整、針板・釜の傷研磨、ミシン全体のメンテナンス

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)