エレクトロラックス6690|ミシン修理|押えレバーの上げ下げが効かなくなった(縫えない)

今回のミシン修理は、神奈川県川崎市麻生区より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、Hsuqvarnaミシンのelectrolux6690です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 10年ぶりにミシンを出してみたら押えレバーがきかず上がったままになっている
  • 具体的な症状としては、押えの下に布をセットし押えレバーを下げても押えが上下せず布を押えることが出来ない

ミシン修理|川崎市麻生区

ハスクバーナミシン修理|エレクトロラックス6690|縫えない、動かない、固着
electrolux model6690 家庭用ミシン(フットコントローラー式、垂直釜)スイスのハスクバーナ製ミシン


◎ミシン到着時の画像です。

10年ぶりに使ったミシンと伺っておりますが、サビの発生は軽微なもので、全体的なコンディションは比較的良好です。

大切に保管しご使用されていることと存じます。

しっかりメンテナンス修理させていただきます。

メンテナンス・修理|エレクトロラックス6690

エレクトロラックス6690の全体オーバーホールメンテナンス修理|ハスクバーナミシン
押う圧力棒、針棒、釜や送り歯、下軸、ステップモーターなどミシン内部の様子です。

ミシン内部の糸絡みや布ほこり、動作に影響のあるサビを取り除き、内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

今回「押えが押えレバーを上げ下げしても効かなくなってしまった」原因は、サビによる固着です。

固着を解消したあと、サビを研磨します。

その他に気になった点としては、釜に傷が深く入っていることによる糸調子不良と送りの固着による縫い目不良です。(縫い目が安定しなかったり、返し縫いが正常に行われない)

◎メンテナンスや修理作業を完了した現在は、正常に布を送るようになり綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|ハスクバーナ/エレクトロラックス(家庭用ミシン)
  • 機種名・型番|model6690
  • 故障内容|押えレバーが効かなくなった(押えが上下しない)
  • 修理内容|押え圧力部品の固着解消、釜の傷研磨、送りの固着解消、糸抜けをよくする処理、糸調子の調整、ミシン全体のメンテナンス

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)