ブラザーミシン修理|PC-8000|CPS54|液晶画面にF02エラーが表示

今回のミシン修理は、東京都日野市より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、brother文字&模様内蔵コンピューターミシンのPC-8000(ミシンの型番はCPS54です。)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • ミシンの電源を入れると液晶画面に「F02」のエラー表示が出てピッピッピッと電子音が鳴り続けミシンが使用不可になる

ミシン修理|日野市

brotherミシン修理|PC-8000|型番CPS54|F02エラー|ミシンが動かない(警告音)

◎ミシン到着時の画像です。

ミシンは定期的にご使用されていると存じます。

初期動作チェックを行うと、ミシンの電源を入れ暫くすると勝手に動き出す(この時は操作が不能)orご依頼者様から事前にお知らせいただいていたF02エラーが頻発します。

しっかりメンテナンス修理させていただきます。

全体メンテナンス|PC-8000(CPS54)

PC-8000の分解オーバーホールメンテナンス修理|ブラザーミシン修理

↑液晶パネル、ランプカバー、内釜などを外したPC-8000の分解画像です。

ミシン内部を拝見した印象としては「糸絡み」と「釜の傷」が多いです。特に糸絡みは↓画像にあるピンク色の糸の他に天秤へも白い糸が幾重にも絡まっていましたので、糸調子不良も生じていたと存じます。

ミシン内部の様子

PC-8000の故障や不具合|エラーF02|ミシンが動かない

↑ミシン内部の様子です。

今回「エラーF02」が頻発した原因は、メイン基板ではなく、スタートやスピードを制御する基板側の不具合です。主にスイッチの誤作動によるものですが、今回は基板一式を交換しました。

その他、糸調子の調整(下糸調子がかなり強めに出る)、送りステップモーターの固着解消、釜と針板の傷研磨、糸抜けをよくする処理などを行い、ミシン修理作業を完了した現在は、エラーも解消しスムーズに動作&綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|ブラザーミシン(brother文字&模様内蔵コンピューターミシン)
  • 機種名|PC-8000
  • 型番|CPS54
  • 故障内容|ミシンの電源を入れると液晶画面に「F02」エラーが出て操作が出来ない(警告音が鳴り続ける)
  • 修理内容|スイッチ側の基板交換、糸調子の調整、タイミング調整、各ステップモーター&軸の固着解消と固着対策、ミシンの全体メンテナンス
  • PC-8000でよくある症状|下糸が巻けない、綺麗に縫えない、スタートボタンが反応しない、布を送らない、異音など

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870
メールの問い合わせはこちら

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)