SINGERミシン修理|Apricot|Computer9790|布にギャザーが寄り糸が切れてしまう・縫えない

今回のミシン修理は、長崎県より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、SINGERコンピューターミシンのApricot(Computer9790)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 5cmほど縫うと布にギャザーが寄り上糸が切れてしまう(糸調子不良)
  • 具体的な症状としては、縫い進めると布が捲り上がります。上糸が攣っている感じです。

SINGERミシン修理|Computer9790

SINGERミシン修理|Apricot|Computer9790|糸が切れる、ギャザーが寄る、縫えない
SINGER Computer9790 Apricot 文字・模様内蔵、実用型コンピューターミシン 自動糸切り搭載


◎ミシン到着時の画像です。

ミシンのご使用頻度は比較的多いと存じます。

綺麗にお使いですが、ミシン内部には糸絡みや布ほこりが多めなApricotです。

しっかりメンテナンス修理させていただきます。

ミシンのメンテナンス|Apricot

Apricot Computer9790の分解オーバーホールメンテナンス|SINGERミシン
液晶パネルなどカバー類を外したミシンの分解画像です。

糸絡みや布ほこりを取り除き、内部清掃、注油・グリスアップ、調整とミシン全体をメンテナンスします。

糸調子|糸が切れる・糸が攣る

Computer9790 Apricotの故障や不具合|はずみ車が回らない、縫えない、動かない、異音

◎今回「縫っている布にギャザーが寄り糸が切れてしまい綺麗に縫えなくなってしまった」直接的な原因は、上糸を送る自動糸調子のローラーへの糸絡みですが、糸が絡んだことに気付くのが遅く、そのまましばらく縫い続けたと思われ、複数で部品の破損が生じ、糸絡みを解消しても綺麗に縫うことは出来ません(T_T)

糸が大量に絡んだことによる、部品の破損・変形・Computer9790は上軸にあるギアと糸調子が連動して糸を送る仕様ですが、部品が破損し空回りしています。

上記した不具合は部品交換を行います。

その他、釜や針板の傷研磨、糸調子の調整、モーターの分解清掃などを行います。

◎詳しい修理作業の内容は直接ご依頼者様へ報告しますが、作業を完了した現在はスムーズに動作し、綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|SINGERミシン(文字・模様内蔵 実用型コンピューターミシン)
  • 機種名|Apricot(アプリコット)
  • 型番|Computer9790
  • 故障内容|布にギャザーが寄り上糸が切れてしまい縫えない
  • 修理内容|自動糸調子に関連する部品の交換(上軸と連動するギア、ローラーなど)、針板・釜の傷を研磨、糸調子の調整、押えの交換など
  • 同型番(Computer9700)の製品名|シンガー9700、9780
  • Apricotでよくある症状|動かない(はずみ車が回らない)、糸が絡む、カタカタ異音がする、布の裏側がぐちゃぐちゃになる、綺麗に縫えない、糸調子不良など

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)