A35-LG/ELU52シリーズ|brotherミシン修理|下糸を拾わず縫い目が出来ない(縫えない)

今回のミシン修理はブラザー家庭用の電子ミシンELU52シリーズ(ミシンの製品名はA35-LG)です。

大阪府貝塚市より全国宅配ミシン修理にてご依頼をいただきました。

事前にお伺いしている症状は、

  • 空回りするような異音があり裏の縫い目がぐしゃぐしゃになった
  • 糸の調整などをしているうちに下糸を拾わず縫い目が出来ない(縫えない)ようになった

ミシン修理|大阪府貝塚市

ブラザーミシン修理|A35-LG|縫えない、下糸を拾わない、異音、糸調子の不具合
brother ELU52 A35-LG 家庭用 電子ミシン(コンパクトミシン、水平釜、自動糸通し)


◎ミシン到着時の画像です。

A35-LG/ELU52は年数が経過しておりますので、内部の布ほこりや軽微なサビはございますが、綺麗にミシンをお使いです。

これまで大切に保管しご愛用のことと存じます。

しっかりメンテナンス修理させていただきます。

分解メンテナンス|A35-LG/ELU52シリーズ

A35-LGの分解オーバーホールメンテナンス修理|brotherミシン|ELU52シリーズ
操作パネル、ランプカバー、針板や内釜(ボビンケース)などを外したA35-LGの分解画像です。

糸絡みや布ほこり、動作に影響のあるサビを取り除き、内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

下糸を拾わず縫えない

ブラザーミシンA35-LGの故障や不具合|タイミング不良、釜ずれ、縫えない、動かない、破損
釜や送り歯、クランク、針棒、模様カムなどミシン内部の様子です。

◎今回「下糸を拾わず縫い目が出来なくなってしまった」原因は、針棒を固定する金具にあるネジが負荷により緩みタイミングがずれたことです。(針を固定している棒が緩くクルクル回ったりする、針が布をスムーズに貫通しないなど)

針と釜の縫うタイミングを調整しながらネジを緩みにくくする対策も同時に行います。

糸調子不良に関しては、上糸調子皿の開閉不良が直接的な起因ですが、その他に金属製の釜に深い傷が入っており糸が絡みやすくなっていました。

◎針板や内釜の傷研磨、自動糸通しの調整、糸調子の調整、糸抜けをよくする処理などを含め各部メンテナンスや修理を行い作業を完了した現在は下糸もスムーズに拾い綺麗に縫い上げております。

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|ブラザーミシン(家庭用 電子ミシン)
  • 機種名|A35-LG
  • 型番|ELU52
  • 故障内容|下糸を拾わず縫い目が出来ない(縫えない)、縫い目の裏側がぐしゃぐしゃになる
  • 修理内容|タイミング調整(釜ずれの修理)、ネジの緩み防止対策、針板や釜の傷研磨、糸調子の調整、糸抜けをよくする処理、自動糸通しの調整、ミシン全体のメンテナンス

ミシン修理完了です。

ブラザーミシンELU52シリーズで多い修理のTOP3

  1. 針が布を貫通しない(縫えない)
  2. 糸立て棒の破損・部品交換
  3. 目飛び(縫い目が飛ぶ)

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)