Chariot250・EL619の修理|brotherミシン|針をとめている部品が取れてしまう・縫えない

今回のミシン修理は、神奈川県横浜市青葉区より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、ブラザーミシンのChariot250(シャリオ250/EL619シリーズ)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 針を止めている部品がネジを締めても本体ごと取れてしまう
  • ≪具体的な症状≫針を取り付ける金具の右側にあるネジを締めても針が部品ごと針棒から落下する症状です。針金のような部品(針棒糸かけ)も一緒に取れてしまいます。

ブラザーミシンの修理|Chariot250

ブラザーミシン修理|シャリオ250|部品の破損・落下、部品が取れる
brother Chariot250 EL619 家庭用電子ミシン(水平釜、自動糸通し、ブラザー専用のボビンを使うタイプです。)

“Chariot250・EL619の修理|brotherミシン|針をとめている部品が取れてしまう・縫えない” の続きを読む