brotherミシン修理|FESTIVAL・EM106|針をとめる金具が折れてしまった(部品の破損)

今回のミシン修理は、茨城県鹿嶋市より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、ブラザー刺しゅうコンピューターミシンのFESTIVAL(ミシンの型番はEM106)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 針をとめるネジの棒が金属疲労のようにポッキリ折れてしまった
  • 具体的な症状≫針を交換する時にネジを締めますが、そのネジを締める部分の部品が折れてしまい針を固定することが出来ない

ミシン修理|FESTIVAL|EM106

ブラザーミシン修理|フェスティバル|EM106|部品が折れた、糸絡み、傷、糸調子不良など
brother Festival EM106 家庭用コンピューターミシン(刺しゅう機を取り付けての本格的な刺繍縫いが可能なミシンです。)

“brotherミシン修理|FESTIVAL・EM106|針をとめる金具が折れてしまった(部品の破損)” の続きを読む