セシオEX|突然電源が落ちてミシンが動かなくなった|JANOMEミシン修理

今回のミシン修理は、埼玉県挟山市より、全国宅配ミシン修理にて、ご依頼をいただきました、ジャノメ刺繍コンピューターミシンのSecioEX(ジャノメ832型|9000型)です。

事前にお伺いしている症状は、

  • 文字刺繍をしていたら下糸が絡まったようで突然、ミシンの電源が落ちて動かなくなった

ミシン修理|埼玉県

ジャノメミシン修理|セシオEX|ヒューズ切れ|ミシンの電源が入らない

◎ミシン到着時の画像です。

ご依頼者様が長年ご愛用のジャノメSECIOEX(model9000)です。

ミシンのコンディションですが、適度なご使用頻度といった印象を受けますが、これまでメンテナンスは受けていないと思われ、全体的な汚れや糸絡み、機械的な固着が進んでおります。

しっかりメンテナンス・修理させていただきます。

全体メンテナンス|セシオEX

セシオEXの分解オーバーホールメンテナンス修理|ジャノメミシン修理

↑セシオEXミシン内部の様子です。

糸絡みや布ほこりなどを取り除き、内部清掃・注油・グリスアップ・調整とミシン全体のメンテナンスを実施します。

◎今回「ミシンを使用中に突然電源が切れた以降ミシンの電源が入らなくなった」原因は、ヒューズ切れによるものです。

なぜヒューズが切れてしまったかの原因ですが、可能性は3つあります。

  1. 上糸調子の固着(縫い始めると初期セットエラーが頻発します。)
  2. 画像でご紹介したような糸絡みによるもの
  3. そしてヒューマンエラーです。

初期セットエラーに関してはヒューズが飛ぶほどの負荷はかからないと思われますので、上記した糸絡みとヒューマンエラーが可能性として高いと存じます。

◎その他、上下の糸調子バランスの調整、針板&釜の傷研磨、針板の凹み矯正、自動糸通しの調整、糸抜けをよくする処理、液晶タッチパネルのポイント調整などを行い修理作業を完了した現在は正常に電源も入り各部スムーズに動作し、綺麗に縫い上げております。

ミシン修理完了です(*・ω・)ノ

≪今回のミシン修理作業内容≫

  • メーカー|ジャノメミシン
  • 機種名|セシオEX
  • 型番|ジャノメ832型
  • 故障内容|ミシンを使用中に電源が切れた以降、ミシンの電源が入らなくなった
  • 修理内容|ヒューズ交換、ミシン内部の固着解消、糸調子の調整、ミシン全体メンテナンス

・ミシンの調子が悪い!?と感じたら、まずはお気軽に相談下さい。

小さなミシン修理専門店

〒193-0835
東京都八王子市千人町3-5-22
TEL/FAX : 042-673-3870
メールの問い合わせはこちら

ミシン修理のことなら当店へお任せ下さい。

ミシン修理|小さなミシン修理専門店トップページへ

ミシン修理のご相談・無料見積りのメールフォームはこちら↓

ミシン修理|無料相談・無料見積り(小さなミシン修理専門店)